☆☆☆
起業するなら国から貰え!アイデア一つで資金1億円を国から合法的に調達する方法


厚生労働省の創業支援の助成金

・地域創業助成金
地域に貢献する事業(サービス9分野、地方公共団体からのアウトソーシング又は地域重点分野)
を行う法人を設立又は個人事業を開業し、再就職を希望する者(65歳未満)を常用労働者及び短時間労働者としてあわせて2人以上(ただし、非自発的離職者自ら法人等を設立した場合は、1人以上)雇用した場合に、新規創業に係る経費及び労働者の雇入れについて助成金が給付されます。

・受給資格者創業支援助成金
雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事
業主となった場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成します。

・高年齢者等共同就業機会創出助成金
45歳以上の方が3人以上で、自らの職業経験等を活用すること等により、
共同して事業を開始し、労働者を雇い入れて継続的な雇用・就業の機会を創設した場合に、当該事業の開始に要した経費の一定範囲の費用について助成されます。

・子育て女性起業支援助成金
子育て期にある女性自らが起業し、起業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主
になった場合、創業に要した費用の一部を助成する。

・再就職手当
雇用保険の受給資格者自らが、雇用保険の適用事業の事業主となって雇用保険の被保険者を雇用する
場合や、事業の開始により自立することができると認められる場合についても、事業開始日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、一定の要件に該当すれば支給されます。





復活融資マニュアル 販売終了間近! 〜本当にお金が必要な貴方だからこそ伝えたい 起死回生の融資法! 20以上の融資方法を詳しく解説!即金!保証人不要!ブラックOK!超低金利!大口融資可能!借金完済&借換! etc〜
 

Copyright © 2006 公的融資と助成金の種類と活用法. All rights reserved

TOPへ 助成金活用法 厚生労働省の創業支援の助成金